制汗剤通販ナビ - 色々な種類とその効果とは?TOP > 注意点について > 乳がんリスクについて

乳がんリスクについて

 

制汗剤には、乳がんのリスクがあるという発表があり、多くの人々をびっくりさせています。

 

この制汗剤と乳がんの関係を指摘したのは、ヨーロッパのがん予防ジャーナル紙です。

その内容をチェックしてみると、1週間でワキ毛を2回〜5回ほど処理し、1週間で5回以上制汗剤を利用し続けていると、乳がんになる可能性が高くなるというものでした。

 

利用しない場合に比べると、なんと22年も早く乳ガンを引き起こす可能性があるというから驚きです。

 

また、海外の医学誌「Journal of Applied Toxicology」にも、同じような発表がありました。

 

海外で乳がんのリスクを指摘した制汗剤は、アルミニウムを配合しているタイプになります。

 

アルミニウムは、肌に吸収されると遺伝子にダメージを与えてしまうんだそうです。

 

その結果、乳がんになりやすい体質になってしまうというわけです。

 

アルミニウムは、乳がんだけでなく認知症などの関係性も疑われているので要注意です。

 

肌に吸収された場合は、口から吸収されるよりも体内に蓄積されやすいという危険性もあるので気を付けたいですね。

 

よって、制汗剤を安全に使いたいのであれば、ぜひアルミニウムが配合されていないものを選ぶようにして下さい。

 

海外では、オーガニックコスメブランドからナチュラルな成分のみで作られたスキンケア製品もたくさん発売されています。

 

化学成分を一切使っておらず、肌のデリケートな方もで安心して使えますよ。

 

それらはインターネットショップなどで入手出来るので、あなたもぜひチェックしてみて、使ってみてはいかがでしょうか。

 

注意点について記事一覧

危険性と注意点とは?

こちらでは、制汗剤の危険性と注意点についてお話しますね。制汗剤は、特に危険性が高いものではないんですが、スプレータイプの商品については要注意です。スプレータイプには...

乳がんリスクについて

制汗剤には、乳がんのリスクがあるという発表があり、多くの人々をびっくりさせています。この制汗剤と乳がんの関係を指摘したのは、ヨーロッパのがん予防ジャーナル紙です。そ...

服の黄ばみとの関係

あなたは、制汗剤と洋服の黄ばみの関係について何か知っていますか?制汗剤で服が黄ばむことがあると聞いて、ちょっと調べてみました。私は制汗剤を季節を問わずに使っています...