藤沢に家を建てたので小田急関連に特化させていくのもアリかも

ネットショッピングで便利なので小田急ポイントカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社の場合は、独自の審査基準を持っている場合が多く中には審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2種類に関してはカード会社から案内されて作れるようになります。

自分から申し込みを行うカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

ネットで買い物をするのに小田急ポイントカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという人の話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンや奨学金の返済を滞納してしまった、公共料金の支払いが遅れてしまうのが多いなどの場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを使って買い物をした後に引き落とし日に申込者の口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

また、ここ最近で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

クレジットカードについて調べているとこのような話が見られます。

それは住宅ローンの返済途中でもクレカは作れるの?ということです。

そういったHPの中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカを作るときには関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので一概に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返せていれば逆にプラスに判断されることもあります。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に通らなかった場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

特に見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

みなさんが小田急ポイントカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を出していないのにどうやって収入を確認しているのかを調べてみました。

実は審査の時に見ているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を調べる方法がないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいだろうというデータがあり、そのデータと比べて変な部分がないかと見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

クレジットカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、アルバイト待遇でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、申し込んでいるカードが年収に見合っているか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードの場合は年収400万円以上の方向けが多いです。

小田急ポイントカードについて周囲の人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなくかかって来る可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、最短〇〇フンなどのスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人力でチェックすることができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないとされています。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を書く欄がありますよね。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

小田急ポイントカードの場合、勤続年数1年以上が条件になっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

その場合、古い小田急ポイントカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

参考サイト:小田急ポイントカードの審査基準は?OPクレジットを調査【年会費は?】

ローンやクレジットカードの申し込み時に重要なことって何かわかりますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな判断につながるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば借入できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も正社員なら安定した収入が見込める、非正規雇用の場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は水道料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかを見ています。

ここ数年で、電子チケットの利用など様々な場面で利用する機会の増えた小田急ポイントカードですが、必要なもの、用意するものは何があるのでしょうか。

免許証などの本人確認書類はどのカード会社でも必要です。

カード発行会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として提出が認められます。

他には、利用料金の引き落とし先として使う銀行口座と発行したカードを受け取るための住所が必要です。

口座振替依頼書を利用して口座を登録する場合は、入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。

高い買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるクレジットカードはとても便利ですがカード会社に申し込みをして審査に通らないと発行されません。

審査で重要なのは安定した収入があるかとクレジットヒストリーです。

学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと公共料金やカードローンなどが期日までに返済されているかなどの情報です。

そのため、ローンや公共料金など支払い期日があるものはきっちり払うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、お金を下ろしたタイミングが悪くて引き落とし日にお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。