行政書士の試験で大切なのとはなに?

行政書士の試験の難易度というと難しくなっています。
合格率も5%から6%といったぐらいで、なかなか受かるというのも大変だったりします。
その試験に合格するには、LECやTACといった予備校で模擬試験の問題をしっかり理解しておくのがとても重要です。
どういった問題が出題されて、どういった判例内容だったのかを熟知できれば様々な判例内容に対応できると思います。
行政書士の試験学習の中でも、行政書士受験六法は、とても学習に効果的で過去に出題されている判例が載っているため、理解をして自分の力をつけるのに最適なものだといえます。
行政書士試験に合格してからも、六法で得た知識になにひとつとして無駄なものはありません。
そして行政書士の試験を受ける際も、仕事をする際も長文を早く読んで、理解する力がとても手助けしてくれますので、速読の勉強をするのもプラスになります。
あまりお金をかけずに速読を身につける方法としてユーキャンなどもありますので、これからのためにもぜひ考えてみて下さいね。