敏感肌のための角質ケアどうしたらいいんですか?

この角質層の肌細胞同士は、セラミドなどの細胞間脂質で接着しています。
そうなると角質が剥がれやすくなり、角質細胞の隙間から外的刺激が肌の中に入り込んで、炎症を起こしやすくなる肌の状態を敏感肌といいます。
敏感肌の場合は、角質ケアは肌状態を悪化させる場合もあるので、慎重に行うことが大切です。
ネットの口コミなどで敏感肌でも肌荒れしないソフトピーリング、スクラブ剤が紹介されているので参考にしましょう。
また洗顔時は肌を強く擦らないように注意し、頻繁にスクラブ洗顔を行うと必要以上に角質が剥がれて、更に敏感肌が悪化してしまうので常用はやめましょう。
できれば丁寧な洗顔としっかりとした保湿ケアを続けて、敏感肌が健康肌に戻ってから角質ケアを行うことが望ましいといえます。