銀行のカードローンは消費者金融のローンとどう違う?

キャッシングを利用してお金を借りて、お金を返すのが滞るとどうなってしまうかと言えば、借りた額に付く高い金利を支払う上に遅延損害金を払うことになったり、悪くすると、ブラックリストに載せられてしまいます。
そんな場合は事前に金融会社に相談するようにしてください。
本人とは異なる名義でプロミスカードローンの契約を結ぶことは禁じられています。
常に名義人と本人が一致していなくてはなりません。
仮にそれが配偶者の収入を支払いに充てるつもりの専業主婦であっても同じことで、利用者である妻自身が名義人となります。
本人の責任においてローンの支払いをしなくてはなりません。
それが家族の間であったとしても、利用者とは違う人の名義を借りてきて契約するのは違法行為に当たります。
仮に同意を与えていた場合には、本人と同様に名義を貸した人も犯罪行為をしたことになってしまうでしょう。
急ぎであったとしても、カードローンの利用に際しては、しっかりと比較した上で決めるべきです。
カードローンの借入先ならば銀行、あるいは、消費者金融というところですが、低い金利で利用できるのは銀行です。
とはいえ、その一方、審査通過の割合は、消費者金融の半分だとされているのです。
その上、消費者金融の利用では、すぐさま借入できることが多く、どちらが良いとも一概には言えません。
便利な点も多いキャッシング。
しかし、ひとたび返済を滞らせると裁判所の差し押さえを受けることもあるので注意が必要です。
一般的に差し押さえられるのは預金口座や給料の場合が多いですが、給料を差し押さえられる場合、最大で4分の1までが対象となってしまいます。
あなたが年金生活者の場合、問題はさらに深刻で、年金の受取り口座を差し押さえられてしまったら、年金を一円も受け取れないということも有り得ます。
こうした事態を避けるためにも、くれぐれもキャッシングは計画的に利用するようにしてください。

クレジットのJCBがカードローン?【キャッシングと何が違う】