バブルといわれた時代の金利は今よりもすごく高かった?

これからマイホームを建てる予定があるという方や、住宅ローンをそろそろ検討したいと考えている方に是非参考にして頂きたいのが、変動金利のグラフです。
かつてバブル期といわれた時代には、なんと変動金利は8.
5%まで上昇しました。
現在は、変動金利は2〜3%なのに対しものすごい差があることが分ります。
ただここ最近20年ほどは、金利はほぼ一定になっています。
変動金利の平均は2.
4%なのに対し3年固定金利が3.
0%、フラット35では1.
3%となっています。
どの銀行のどのプランを申し込むかによって、大きな差が出てくるので是非返済シュミレーションを試しながら比較してみることをお勧め致します。
今後の金利の変動によってかなり大きく変わってくるので、注意しましょう。