10万円ぐらい借りたいときプロミスを使った人の意見を参考にしてみたい

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですがその審査能力は優れたものがあります。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融プロミス業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業としている消費者金融プロミスの方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融プロミスのメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されプロミスのキャッシングやプロミスのカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

通常、消費者金融のプロミスのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のプロミスのキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融プロミスのキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融プロミスに借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制はありません。

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるプロミスのキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利息を安くする有効な方法となります。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これこそまさに過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融のプロミスのキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

参考:プロミス借りたらどうだった?【10万借りた口コミ】

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

プロミスのカードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

近頃の消費者金融プロミスといえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。